賃金

2017年4月12日 (水)

【オススメ新刊書籍】『週4正社員のススメ』(安中繁 著・経営書院)4月下旬発行予定! 

長時間労働体質の払拭など 働き方を変えるために

P

 
 以前から介護離職や、長時間労働は問題視されていましたが、長時間労働の是正は、政府の「働き方改革」のメインテーマに位置づけられたこともあり、その注目度は日々高まっているかと思われます。ですが、具体的にどうすればよいかわからないという声も。
 
 そこで、経営書院では、週の所定労働日数を4日とする「週4正社員制度」をはじめ、多様な正社員制度を導入した企業の先行事例を安中繁氏が紹介する『週4正社員のススメ』 を今月下旬に発行する予定です。
 
 「週4正社員」制度を導入した企業では、ワーク・ライフ・バランスの確保や定着率向上、そして採用にも効用がみられたといいます。
 また、安中氏は、「週4正社員」導入プロセスと導入に際して出てくる課題への対応、就業規則の規定例等をまじえて、具体的に解説しています。
 
 「週4正社員」が決して突飛な提案ではなく、さまざまなメリットと現実性をもった施策であると実感していただけることでしょう。
 
 
 
『週4正社員のススメ』 安中 繁 著
2017年5月26日発行
四六判 204ページ
経営書院
本体価格:1,500円+税
 
bellお求めはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

平成28年度地域別最低賃金額改定の目安を公表【厚生労働省 平成28年7月28日】

目安はAランク25円、Bランク24円、Cランク22円、Dランク21

 

 平成28年7月28日開催された第46回中央最低賃金審議会で、今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられた。

 

【答申のポイント】

(ランク(注)ごとの目安)

 各都道府県の引上げ額の目安については、 Aランク25円、Bランク24円、Cランク22円、Dランク21 (昨年度はAランク19円、Bランク18円、Cランク16円、Dランク16円)。

 

注 都道府県の経済実態に応じ、全都道府県をABCDの4ランクに分けて、引上げ額の目安を提示している。現在、Aランクで5都府県、Bランクで11府県、Cランクで14道県、Dランクで17県となっている。

 

【参考】各都道府県に適用される目安のランク

………………………………………………………………………………

A 千葉、東京、神奈川、愛知、大阪

………………………………………………………………………………

B 茨城、栃木、埼玉、富山、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島

………………………………………………………………………………

C 北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、山梨、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、香川、福岡

………………………………………………………………………………

D 青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、 宮崎、鹿児島、沖縄

………………………………………………………………………………

 

 厚生労働省では、

「この答申は、今年の6月14日に開催された第45回中央最低賃金審議会で、厚生労働大臣から今年度の目安についての諮問を受け、同日に「中央最低賃金審議会目安に関する小委員会」を設置し、4回にわたる審議を重ねて取りまとめた「目安に関する公益委員見解」等を、地方最低賃金審議会にお示しするものです。

 今後は、各地方最低賃金審議会で、この答申を参考にしつつ、地域における賃金実態調査や参考人の意見等も踏まえた調査審議の上、答申を行い、 各都道府県労働局長が地域別最低賃金額を決定する こととなります。

 今年度の目安が示した引上げ額の全国加重平均は24円(昨年度は18円) となり、目安額どおりに最低賃金が決定されれば、最低賃金が時給で決まるようになった 平成14年度以降で最高額となる引上げ となります。

 また、全都道府県で20円を超える目安額となっており、引上げ率に換算すると3.0%(昨年は2.3%)となっています。」としている。

 

● 詳しくはこちら

| | コメント (0)

2016年6月17日 (金)

三大都市圏の5月度平均時給は1,616円・36カ月連続で前年同月比プラス~株式会社リクルートジョブズ/2016年5月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査~

 
株式会社リクルートジョブズ(本社:東京都中央区、柳川昌紀代表取締役社長)は、2016年5月度の「派遣スタッフ募集時平均時給調査」をとりまとめ、公表しました。
 

結果の概要

■三大都市圏・全体
○三大都市圏(関東・東海・関西)の平均時給は1,616円(前年同月1,590円、前月1,632円)
三大都市圏全体の5月度平均時給は前年同月より26円増加、増減率+1.6%となった。
職種別では、「営業・販売・サービス系」(前年同月比増減額+40円、増減率+2.9%)、「クリエイティブ系」(同+35円、+2.1%)、「オフィスワーク系」(同+12円、+0.8%)、「医療介護・教育系」(同+12円、+0.8%)で前年同月比プラスとなった。前月比は、「IT・技術系」(前月比増減額-37円、増減率-1.8%)、「医療介護・教育系」(同-8円、-0.6%)、「オフィスワーク系」(同-4円、-0.3%)、「クリエイティブ系」(同-4円、-0.2%)でマイナスとなった。

■三大都市圏・エリア別
関東、東海、関西すべてのエリアで前年同月比プラス
○関東の平均時給は1,694円(前年同月1,659円、前月1,707円)
○東海の平均時給は1,403円(前年同月1,378円、前月1,419円)
○関西の平均時給は1,422円(前年同月1,411円、前月1,423円)
 

clipくわしくは、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

【全求協】会員65社の求⼈メディアが『固定残業』や『職場情報』の提供促進を実施【今年12⽉1⽇以降に明記がない場合は掲載拒否も】

「固定残業代の表⽰を促進するため、12 ⽉1 ⽇より表⽰がない募集主の広告は掲載しません」などの取組みを決定!

 

 

公益社団法全国求情報協会(丹澤直紀理事)は、若者雇促進法で募集主に義務付けられている『固定残業』や『職場情報』の提供が促進されるよう、同協会会員65社が募集主に働きかけることを発表した(2016年6月9日付)。

201669_3__1

 

 具体的には、

 

● 固定残業や職場情報の提供に関する募集主の義務についてまとめたリーフレットを求広告の掲載を考えている企業へ配布します。

 

● 固定残業制を採っている場合は『⼿当の額』『時間』『超過した場合は追加給する旨』を明記することとし、201612以降に明記がない場合は掲載をお断りします。2017年新卒募集については、201612以降に新規掲載される場合に適となります(2018年新卒は完全適)。

 

● 新卒における職場情報 (『募集 ・採』『職業能の開発 ・向上』『雇管理』の3類型)の明記は、2017年新卒において既に促進していますが、今回あらためて募集主への働きかけをい、そこで得られた情報等を基に2018 年新卒向け情報メディアでの対応針を、推進する項の強化などについて途に検討する予定です。

 

――としている。

201669_3__2

201669_3__5

 

【背景】

201510以降、若者雇促進法が順次施され、募集主に固定残業代等や職場情報を表するよう義務づけられている。

サイトや情報誌等のメディアは、同法において表の義務は課されていないが、募集主に対する情報開の社会的要請が常に強くなっており、同協会では、年間1300万件の求情報を提供している同協会の会員が主的に情報提供の促進に取り組むことにより、情報提供促進に貢献できるとみている。

 

 

bell 詳しくはこちら

続きを読む "【全求協】会員65社の求⼈メディアが『固定残業』や『職場情報』の提供促進を実施【今年12⽉1⽇以降に明記がない場合は掲載拒否も】"

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

「雇用仲介事業等の在り方に関する検討会報告書」を公表(厚生労働省 平成28年6月6日付)

 厚生労働省は、本日(6月6日)付で、「雇用仲介事業等の在り方に関する検討会 報告書」を公表しました。

 
 ※ 報告書は「平成28年6月3日」付となっています。
 
 
 雇用仲介事業等の在り方について、標記の検討会(座長:阿部正浩中央大学経済学部教授)において、平成27年3月から検討が行われてきました。
 

Imag6952

 そして、先週金曜日(6月3日)に開催された第16回の検討会において、報告書案が示され、各委員から意見などが出た後、取りまとめられました。
 坂口派遣・有期労働対策部長は、同検討会を終える挨拶に際して「求職者保護が重要である」、「需給制度部会に報告させていただき、公労使で具体的な検討をしていただくことになる」旨を述べました。
………………………………………………………………………………

 厚生労働省では、「今後、労働政策審議会において検討いただく予定」としています。

 
 労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会においては、職業安定法の改正なども視野に検討が行われるものとみられます。
 
 
 なお、小誌編集部では、この秋頃には、同報告書に基づく検討が開始されるものとみています。
 
 
bell 報告書の詳細はこちら

| | コメント (0)

2016年6月 3日 (金)

「毎月勤労統計調査」平成28年4月分結果速報【厚生労働省】

厚生労働省は、「毎月勤労統計調査」の平成28年4月分結果速報をとりまとめ、本日(平成28年6月3日)公表しました。

Houdou2804p

 

……………………………………………………………………………… 
【調査結果のポイント】
………………………………………………………………………………
 
 
1 賃金(一人平均)
 
(1) 現金給与総額の前年同月比は、0.3%増となった。
うち一般労働者は0.7%増、パートタイム労働者は0.8%減となった。
 
(2) 所定内給与の前年同月比は、0.2%増となった。
うち一般労働者は0.5%増、パートタイム労働者は0.9%減となった。
 
(3) 所定外給与の前年同月比は、1.0%増となった。
うち一般労働者は1.1%増、パートタイム労働者は2.8%増となった。
 
(4) 所定内給与と所定外給与を合わせたきまって支給する給与(定期給与)の前年同月比
は、0.2%増となった。
うち一般労働者は0.5%増、パートタイム労働者は0.8%減となった。
 
(5) 特別に支払われた給与の前年同月比は、4.3%増となった。
 
(6) 実質賃金指数(現金給与総額)の前年同月比は、0.6%増となった。
(消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)の前年同月比は、0.3%下落)
 
 
2 労働時間(一人平均)
 
(1) 総実労働時間の前年同月比は、1.4%減となった。
 
(2) 所定内労働時間の前年同月比は、1.4%減となった。出勤日数の前年同月差は、
0.3日減となった。
 
(3) 所定外労働時間の前年同月比は、0.9%減となった。
 
(4) 製造業の所定外労働時間の前年同月比は、2.4%減となった。
 
(5) 製造業の所定外労働時間の前月比(季節調整済指数)は、0.4%増となった。
 
 
3 雇用
 
(1) 常用雇用の前年同月比は、1.9%増となった。
 
(2) 就業形態別に前年同月比をみると、一般労働者が1.8%増、パートタイム労働者が
2.3%増となった。
 
 
 
(注) 速報値は、確報で改訂される場合がある。
 
● 詳しくはこちら

| | コメント (0)

2016年5月11日 (水)

毎月勤労統計調査平成28年3月分結果速報【厚生労働省】 所定内給与は、前年同月比0.4%増の240,446円

厚生労働省はこのほど、毎月勤労統計調査平成28年3月分結果速報をとりまとめ公表した。

調査結果のポイントは次の通り。

【調査結果のポイント】

1 賃金(一人平均)

(1) 現金給与総額の前年同月比は、1.4%増となった。 うち一般労働者は1.5%増、パートタイム労働者は1.5%増となった。

(2) 所定内給与の前年同月比は、0.4%増となった。 うち一般労働者は0.4%増、パートタイム労働者は1.5%増となった。

(3) 所定外給与の前年同月比は、0.2%減となった。 うち一般労働者は前年同月と同水準、パートタイム労働者は0.4%減となった。

(4) 所定内給与と所定外給与を合わせたきまって支給する給与(定期給与)の前年同月比 は、0.4%増となった。 うち一般労働者は0.3%増、パートタイム労働者は1.4%増となった。

(5) 特別に支払われた給与の前年同月比は、19.8%増となった。

(6) 実質賃金指数(現金給与総額)の前年同月比は、1.4%増となった。 (消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)は、前年同月と同水準)

2 労働時間(一人平均)

(1) 総実労働時間の前年同月比は、0.6%増となった。

(2) 所定内労働時間の前年同月比は、0.8%増となった。出勤日数の前年同月差は、 0.2日増となった。

(3) 所定外労働時間の前年同月比は、1.8%減となった。

(4) 製造業の所定外労働時間の前年同月比は、3.0%減となった。

(5) 製造業の所定外労働時間の前月比(季節調整済指数)は、0.4%減となった。

3 雇用

(1) 常用雇用の前年同月比は、2.2%増となった。

(2) 就業形態別に前年同月比をみると、一般労働者が2.0%増、パートタイム労働者が 2.7%増となった。

(注) 速報値は、確報で改訂される場合がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

2016年3月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査【株式会社リクルートジョブズ】三大都市圏の3月度平均時給は前年同月より17円増加の977円 33カ月連続で前年同月比プラス

株式会社リクルートジョブズ(柳川昌紀代表取締役社長)の調査研究機関「ジョブズリサーチセンター(http://jbrc.recruitjobs.co.jp/)」が、2016年3月度の「アルバイト・パート募集時平均時給調査」をまとめ公表した。
 
この調査は、同社が企画運営する全国の求人メディア 『TOWNWORK』『TOWNWORK社員』『fromA navi』に掲載された求人情報より、アルバイト・パートの募集時平均時給を集計したもの。
 
――――――――――――――――――――――――――――
■三大都市圏・全体
 
三大都市圏(首都圏・東海・関西)の平均時給は977円(前年同月960円、前月979円)
――――――――――――――――――――――――――――
 
3月度平均時給は前年同月より17円増加の977円、増減率+1.8%となった。
職種別では「事務系」(前年同月比増減額+34円、増減率+3.5%)をはじめとするすべての職種で前年同月比プラスとなった。
前月比は「専門職系」(前月比増減額-3円、増減率-0.3%)でマイナスとなった。
 
――――――――――――――――――――――――――――
■三大都市圏・エリア別
 
首都圏、東海、関西すべてのエリアで前年同月比プラス
――――――――――――――――――――――――――――
 
――――――――――――――――――――――――――――
○首都圏の平均時給は1,019円(前年同月999円、前月1,021円)
――――――――――――――――――――――――――――
 
前年同月より20円増加(増減率+2.0%)、前月比は2円減少(同-0.2%)となった。
職種別では「事務系」(前年同月比増減額+41円、増減率+4.1%)をはじめとするすべての職種で前年同月比プラスとなった。
前月比は「フード系」(前月比増減額-4円、増減率-0.4%)、「専門職系」(同-4円、-0.3%)、「販売・サービス系」(同-2円、-0.2%)でマイナスとなった。
 
――――――――――――――――――――――――――――
○東海の平均時給は920円(前年同月903円、前月918円)
――――――――――――――――――――――――――――
 
前年同月より17円増加(増減率+1.9%)、前月比は2円増加(同+0.2%)となった。
職種別では「事務系」(前年同月比増減額+28円、増減率+3.1%)、「販売・サービス系」(同+19円、+2.2%)、「フード系」(同+18円、+2.0%)などで前年同月比プラスとなった。
前月比は「事務系」(前月比増減額+6円、増減率+0.7%)をはじめとするすべての職種でプラスとなった。
 
――――――――――――――――――――――――――――
○関西の平均時給は940円(前年同月921円、前月941円)
――――――――――――――――――――――――――――
 
前年同月より19円増加(増減率+2.1%)、前月比は1円減少(同-0.1%)となった。
職種別では「専門職系」(前年同月比増減額+41円、増減率+3.7%)などすべての職種で前年同月比プラスとなった。
前月比は「専門職系」(前月比増減額-3円、増減率-0.3%)でマイナスとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

2016年3月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査【リクルートジョブズ】三大都市圏の3月度平均時給は1,638円 2007年2月の調査開始以来、過去最高

株式会社リクルートジョブズ(柳川昌紀代表取締役社長)の調査研究機関「ジョブズリサーチセンター(http://jbrc.recruitjobs.co.jp/)」は、2016年3月度の「派遣スタッフ募集時平均時給調査」をまとめ報告した。
 
■三大都市圏・全体
 
○三大都市圏(関東・東海・関西)の平均時給は1,638円(前年同月1,586円、前月1,627円)
 
三大都市圏全体の3月度平均時給は前年同月より52円増加、増減率+3.3%となった。
職種別では、「クリエイティブ系」(前年同月比増減額+53円、増減率+3.2%)をはじめとするすべての職種で前年同月比プラスとなった。
前月比は、「IT・技術系」(前月比増減額+9円、増減率+0.4%)、「オフィスワーク系」(同+3円、+0.2%)、「営業・販売・サービス系」(同+2円、+0.1%)でプラスとなった。
  
■三大都市圏・エリア別
 
関東、東海、関西すべてのエリアで前年同月比プラス
 
○関東の平均時給は1,713円(前年同月1,650円、前月1,703円)
 
関東全体は前年同月より63円増加、増減率+3.8%となった。
職種別では、「営業・販売・サービス系」(前年同月比増減額+67円、増減率+4.8%)をはじめとするすべての職種で前年同月比プラスとなった。
前月比は、「IT・技術系」(前月比増減額+15円、増減率+0.7%)、「営業・販売・サービス系」(同+6円、+0.4%)、「医療介護・教育系」(同+2円、+0.1%)でプラスとなった。
 
○東海の平均時給は1,412円(前年同月1,383円、前月1,415円)
 
東海全体は前年同月より29円増加、増減率+2.1%となった。
職種別では、「クリエイティブ系」(前年同月比増減額+26円、増減率+1.9%)、「オフィスワーク系」(同+15円、+1.2%)、「IT・技術系」(同+17円、+1.0%)など5職種中4職種で前年同月比プラスとなった。
前月比は、「IT・技術系」(前月比増減額-53円、増減率-3.0%)、「医療介護・教育系」(同-3円、-0.2%)でマイナスとなった。
 
○関西の平均時給は1,454円(前年同月1,407円、前月1,425円)
 
関西全体は前年同月より47円増加、増減率+3.3%となった。
職種別では、「IT・技術系」(前年同月比増減額+78円、増減率+4.5%)をはじめとするすべての職種で前年同月比プラスとなった。
前月比は、「IT・技術系」(前月比増減額+47円、増減率+2.7%)、「クリエイティブ系」(同+17円、+1.2%)、「オフィスワーク系」(同+4円、+0.3%)などでプラスとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

中小企業の賃上げ額が大手企業を上回る~金属労協・今年3月末時点での春闘回答状況~

 
 全日本金属産業労働組合協議会(金属労協/JCM)は4日、3月末時点での春闘回答状況を発表しました。


 これによると、金属労協全体では、 3,270 組合のうち、 2,634組合が要求を提出しています。 このうち 2,179 組合 (82.7%)が賃上げを要求し 、要求額の平均は 3,727 円となっています。

 回答を引き出した1,350組合のうち、賃上げを獲得した組合は、865組合となり、賃上げ額の平均は、1,249円となっています。
 規模別では、1,000人以上が1,122円、300~999人は1,128円、299人以下は1,281円となっており、規模の小さい組合ほど、獲得額が高くなっています。

 また、回答引き出し組合に対する賃上げ獲得組合の比率は64.1%となっています。
 規模別では、1,000人以上が86.2%(昨年同時期77.0%)、300~999人が81.7%(同73.4%)、299人以下が52.1%(同53.4%)となり、300人以上の組合では昨年を上回り、299人以下の組合では昨年と同程度の比率となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お知らせ | イベント | オススメ | キャリアコンサルタント | キャリア権 | キャンペーン | ダイバシティ | ハラスメント | ハローワーク | パンフレット & リーフレット | ヒトコマ | マイナンバー制度 | ワーク・ライフ・バランス | 事件 | 介護労働 | 働き方 | 公契約条例 | 内閣府 | 助成金 | 労働保険徴収法 | 労働基準法 | 労働契約法 | 労働安全衛生法 | 労働政策審議会 | 労働時間 | 労働災害 | 労働組合 | 労働者派遣法 | 労働行政ニュース | 労災保険法 | 医療・健康 | 厚生年金基金 | 同一労働同一賃金 | 国会 | 国土交通省 | 地方 | 報告書 | 外国人雇用 | 大臣・副大臣・政務官 | 女性 | 安全衛生 | 就業規則等 | 就職状況 | 年頭所感 | 建設業 | 採用 | 掲載号予告 | 文部科学省 | 新しい法律 | 春闘 | 次世代育成 | 法令&通知 | 法務省 | 海外&外国 | 環境 | 環境省 | 男女雇用機会均等法 | 短時間労働者 | 社会保険 | 社会保険労務士 | 社会保障審議会 | 社会経済情勢 | 福利厚生 | 税務 | 紛争・訴訟・裁判 | 経営 | 経済産業省 | 総務省 | 職業安定法 | 職業紹介 | 職業訓練 | 育児・介護休業法 | 能力開発 | 自動車 | 若年者雇用 | 行政指導 | 規制改革 | 記者会見 | 調査 | 請負 | 警察庁 | 賃金 | 速報 | 違反 | 障害者雇用 | 雇用保険法 | 雇用問題 | 震災 | 非正規雇用 | 高齢者雇用 | FP | Q&A