« 労災保険の追加給付の額はメリット収支率には反映させないことに【厚生労働省】 | トップページ

2019年6月21日 (金)

厚生労働省・平成31年4月分の毎月勤労統計調査の結果確報を公表

現金給与総額は前年同月比0.3%減の27万6551円に

 

 厚生労働省は、令和元年6月21日、平成31年4月分の毎月勤労統計調査の結果確報を公表した。

 調査結果によると、現金給与総額は27万6551円(0.3%減少)となった。

 このうち、一般労働者が35万7840円(0.3%増加)、パートタイム労働者が9万8895円(0.6%減少)となっている。

 パートタイム労働者比率は31.09%(0.70ポイント上昇)となった。

 なお、一般労働者の所定内給与は31万5782円(0.8増加)、パートタイム労働者の時間当たりの給与は1152円(1.9%増加)となった。

 共通事業所による現金給与総額は0.7%の増加となり、このうち一般労働者が0.7%の増加、パートタイム労働者が0.1%の増加としている。

|

« 労災保険の追加給付の額はメリット収支率には反映させないことに【厚生労働省】 | トップページ

お知らせ」カテゴリの記事

賃金」カテゴリの記事

働き方」カテゴリの記事

調査」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。