« おすすめ!新刊書籍 「もう職場から“うつ”を出さない!」さくらざわ 博文 著 ―ストレスチェック時代の最新メンタル不調予防法 | トップページ | 雇用保険法の改正法律案要綱は1月上旬にも検討の見通し【雇用保部会】 »

2016年12月20日 (火)

「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」を初めて実施します【厚生労働省】平成28年12月19日

厚生労働省と中央労働災害防止協会は、労働災害発生件数の多い小売業(スーパーマーケットやドラッグストアなど)、社会福祉施設(高齢者介護施設など)、飲食店(ファストフード、ファミリーレストランなど)での災害防止の取組を促進させるため、平成29年1月より「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」を初めて実施するとのことです。

 

この推進運動は、本社の主導で、全店舗・施設での全社的な安全衛生水準の向上を図り、安全で安心して働ける職場環境の実現を目指し、これらの業種における労働災害の減少を目的に実施するもの。

 

小売業などの業種では、就業者数の増加、特に高年齢労働者の増加により転倒や腰痛などの労働災害が多発しています。また、 店舗などでは安全担当者の選任などが義務付けられていないため、担当者が不在で安全衛生活動が低調な中で、企業の本社が主導する全社的な取組は効果的である、とのことです 。

bell 詳しくはこちら

bell「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」特設サイト


Header_logo


|

« おすすめ!新刊書籍 「もう職場から“うつ”を出さない!」さくらざわ 博文 著 ―ストレスチェック時代の最新メンタル不調予防法 | トップページ | 雇用保険法の改正法律案要綱は1月上旬にも検討の見通し【雇用保部会】 »

お知らせ」カテゴリの記事

オススメ」カテゴリの記事

介護労働」カテゴリの記事

働き方」カテゴリの記事

労働安全衛生法」カテゴリの記事

労働行政ニュース」カテゴリの記事

労災保険法」カテゴリの記事

医療・健康」カテゴリの記事

若年者雇用」カテゴリの記事

非正規雇用」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。