« 9割の企業が採用選考スケジュールを遵守していない~経団連・「2015年度新卒採用に関するアンケート調査結果」~ | トップページ | 日雇派遣の原則禁止の見直しや労働契約申込みみなし制度の撤廃求める~経団連・「2015年度経団連規制改革要望」~ »

2016年2月19日 (金)

平成27年「賃金構造基本統計調査」の結果【厚生労働省】女性労働者(短時間労働者除く)の賃金は242.0千円(年齢40.7歳、勤続9.4年。平成27年6月分)で過去最高に

厚生労働省はこのほど、平成27年「賃金構造基本統計調査」の結果を取りまとめ公表した。
 
「賃金構造基本統計調査」は、全国の主要産業に雇用される労働者の賃金の実態を、雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別等に明らかにすることを目的として、毎年7月に実施されている。
 
今回公表された内容は、全国及び都道府県別の賃金について、調査対象として抽出された10人以上の常用労働者を雇用する民間の65,747事業所のうち、有効回答を得た50,785事業所について集計したもの。
 
<調査結果のポイント>
 
1 一般労働者(短時間労働者以外の労働者)の賃金(月額)(注)
 
(1) 男女計304,000円(前年比1.5%増)、男性335,100円(同1.7%増)、女性242,000円(同1.7%増)で、それぞれ前年を上回り女性の賃金は過去最高となっている。男女間賃金格差(男性=100)は過去最小となった前年と同水準の72.2 となっている。
 
(2) 企業規模別にみると、男性は、大企業(常用労働者1,000人以上) 387,700円(前年比1.5%増)、中企業(常用労働者100~999人) 320,300円(同2.6%増)、小企業(常用労働者10~99人)288,500円(同0.9%増)、女性は、大企業268,400円(同1.2%増)、中企業240,400円(同2.8%増)、小企業216,400円(同0.8%増)となっている。
 
(3) 雇用形態別にみると、男女計では、正社員・正職員321,100円(前年比1.1%増)、正社員・正職員以外205,100円(同2.4%増)となっている。正社員・正職員の賃金を100とすると、正社員・正職員以外の賃金は、男女計では63.9(前年63.0)となり、雇用形態間賃金格差は過去最小となっている。
 
2 短時間労働者の賃金(1時間当たり)(注)
 
男性1,133円(前年比1.2%増)、女性1,032円(同2.0%増)で、いずれも過去最高となっている。
 
(注)6月分として支払われた所定内給与額の平均値(調査結果のポイント1は月額、2は時間額)
 
詳しくはこちら

|

« 9割の企業が採用選考スケジュールを遵守していない~経団連・「2015年度新卒採用に関するアンケート調査結果」~ | トップページ | 日雇派遣の原則禁止の見直しや労働契約申込みみなし制度の撤廃求める~経団連・「2015年度経団連規制改革要望」~ »

賃金」カテゴリの記事

調査」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年「賃金構造基本統計調査」の結果【厚生労働省】女性労働者(短時間労働者除く)の賃金は242.0千円(年齢40.7歳、勤続9.4年。平成27年6月分)で過去最高に:

« 9割の企業が採用選考スケジュールを遵守していない~経団連・「2015年度新卒採用に関するアンケート調査結果」~ | トップページ | 日雇派遣の原則禁止の見直しや労働契約申込みみなし制度の撤廃求める~経団連・「2015年度経団連規制改革要望」~ »