« 本日(12/2)より、経営労務診断に適合した事業者に対する「経営労務診断適合シール」の付与が開始に【全国社会保険労務士連合会、一般財団法人日本情報経済社会推進協会】 | トップページ | NPO法人キャリア権推進ネットワーク「第3回シンポジウム」 菊池桃子理事、小杉俊哉立命館大学大学院客員教授が登壇し「キャリア権を考える 若者のキャリア意識とキャリア権」をテーマに若手有識者のパネルディスカッションを開催 »

2015年12月 4日 (金)

平成 27 年「賃金引上げ等の実態に関する調査」の結果【厚生労働省】 1 人平均賃金の改定額は前年を上回り 5,282 円に

厚生労働省は、このほど、平成27年「賃金引上げ等の実態に関する調査」の結果を取りまとめ公表した。
 
同調査は、全国の民間企業における賃金の改定額、改定率、改定方法などを明らかにすることを目的に、毎年8月(平成20年以前は9月)に実施されている。
 
今回の調査結果は、常用労働者100人以上を雇用する企業1,661社について集計したものとなっている。
 
【調査結果のポイント】
 
1 賃金の改定
 
(1)全企業のうち、平成27年中に「1人平均賃金を引き上げた・引き上げる」は85.4%(前年83.6%)で、前年を上回る。
 
(2)平成27年の1人平均賃金の改定額(予定を含む。)は5,282円(前年5,254円)、改定率は1.9%(同1.8%)で、いずれも前年を上回る。
 
(注) 1人平均賃金とは、常用労働者の所定内賃金(時間外手当、休日手当等を除いた毎月支払われる賃金)の1 人当たりの平均額をいう。
 
2 定期昇給等の実施
 
(1)平成27年中の賃金改定が未定以外の全企業(賃金の改定を実施し又は予定している企業及び賃金の改定を実施しない企業)のうち、定期昇給を「行った・行う」は、管理職69.9%(前年66.1%)、一般職77.6%(同 74.3%)で、ともに前年を上回る。
 
(2)定期昇給制度がある企業のうち、平成27年中にベースアップを「行った・行う」は、管理職20.5%(前年18.6%)、一般職25.0%(同24.8%)で、ともに前年を上回る。
 
詳しくはこちら

|

« 本日(12/2)より、経営労務診断に適合した事業者に対する「経営労務診断適合シール」の付与が開始に【全国社会保険労務士連合会、一般財団法人日本情報経済社会推進協会】 | トップページ | NPO法人キャリア権推進ネットワーク「第3回シンポジウム」 菊池桃子理事、小杉俊哉立命館大学大学院客員教授が登壇し「キャリア権を考える 若者のキャリア意識とキャリア権」をテーマに若手有識者のパネルディスカッションを開催 »

賃金」カテゴリの記事

調査」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成 27 年「賃金引上げ等の実態に関する調査」の結果【厚生労働省】 1 人平均賃金の改定額は前年を上回り 5,282 円に:

« 本日(12/2)より、経営労務診断に適合した事業者に対する「経営労務診断適合シール」の付与が開始に【全国社会保険労務士連合会、一般財団法人日本情報経済社会推進協会】 | トップページ | NPO法人キャリア権推進ネットワーク「第3回シンポジウム」 菊池桃子理事、小杉俊哉立命館大学大学院客員教授が登壇し「キャリア権を考える 若者のキャリア意識とキャリア権」をテーマに若手有識者のパネルディスカッションを開催 »