« 「人事異動の法律ルールと実務Q&A・第8回~適法な配転命令を拒否した者の懲戒解雇を無効とした判決も~」「裁判例から学ぶ予防法務〈第12回〉 八重椿本舗事件(東京地裁 平成25年12月25日判決)」~労働基準広報2015年9月21日号の内容~ | トップページ | 第103回職業安定分科会雇用保険部会と第91回職業能力開発分科会が開催される【労働政策審議会 9月8日】 »

2015年9月10日 (木)

労働経済動向調査(平成27年8月)の結果【厚生労働省】 労働者過不足判断D.I.は、正社員等労働者、パートタイム労働者とも引き続き不足超過

厚生労働省は、このほど、労働経済動向調査(平成27年8月)の結果を取りまとめ公表した。
 
「労働経済動向調査」は、景気の変動が雇用などに及ぼしている影響や今後の見通しについて調査し、労働経済の変化や問題点を把握することを目的に、四半期ごとに実施している。また、今回は特別項目として、既卒者の募集採用及び新規学卒者採用枠での募集時期についても調査している。
 
本調査は、平成27年8月1日現在の状況について、主要産業の規模30人以上の民営事業所のうちから5,835事業所を抽出して調査を行い、このうち3,129事業所(うち有効回答3,011事業所、有効回答率51.6%)から回答を得た。
 
調査結果のポイント
 
1 生産・売上額等、所定外労働時間、正社員等雇用の状況 (平成27 年7~9月期実績見込)
 
(1) 生産・売上額等判断D.I. (注1)
「調査産業計」で2ポイント。主要産業別にみると「サービス業」(+9)、「卸売業,小売業」(+7)、「建設業」(+6)及び「製造業」(+3)でプラスとなったが、「医療,福祉」(△5)はマイナス。
 
(2) 所定外労働時間判断D.I. (注1)
「調査産業計」でマイナス2ポイント。主要産業別にみると「サービス業」(+1)、「製造業」(0)となったが、「建設業」(△1)、「卸売業,小売業」(△2)及び「医療,福祉」(△9)はマイナス。
 
(3) 正社員等雇用判断D.I. (注1)
「調査産業計」で3ポイント。主要産業別にみると「建設業」(+12)、「サービス業」(+9)、「卸売業,小売業」(+6)及び「製造業」(+4)でプラスとなったが、「医療,福祉」(△1)はマイナス。
なお、正社員等雇用判断D.I.(平成27 年4~6月期実績)は全ての主要産業でプラス。「調査産業計」(+7)でプラスとなったのは平成20 年4~6月期以来28 期(7年)ぶり。
 
2 労働者の過不足状況、雇用調整の状況
 
(1) 労働者過不足判断D.I. (注1)
平成27 年8月1日現在、正社員等労働者は「調査産業計」で 29 ポイントと 17 期連続、パートタイム労働者は「調査産業計」で 28 ポイントと 24 期連続して、それぞれ不足超過。正社員等労働者、パートタイム労働者ともに全ての産業で不足超過。
 
(2) 「雇用調整を実施した」事業所の割合(平成27 年4~6月期実績)は「調査産業計」で 28%。うち、「事業活動縮小によるもの」は2%。
 
3 既卒者(注2)の募集採用(平成26 年8月から平成27 年7月まで)の状況(今回調査の特別項目)
 
新規学卒者の採用枠で正社員を募集する際、既卒者が「応募可能だった」とする事業所の割合は「調査産業計」で42%(前回平成26 年8月調査29%)。
 
(注1) 「D.I.(Diffusion Index:ディフュージョン・インデックス)」とは、変化の方向性を表す指標である。
 
(1) 「生産・売上額等」「所定外労働時間」「雇用」の判断 D.I.は、当該期(間末)を前期(間末)と比べて「増加」と回答した事業所の割合から「減少」と回答した事業所の割合を差し引いた値である。なお、これらの値には季節による変動があるため、季節調整を行っている。
これらの判断D.I.がプラスであれば、前期(間末)よりも増加させた事業所が多いことを示す。
 
(2) 「労働者過不足判断D.I.」は、調査時点において、労働者が「不足」と回答した事業所の割合から「過剰」と回答した事業所の割合を差し引いた値である。
この判断D.I.がプラスであれば、人手不足と感じている事業所が多いことを示す。
 
(注2) 「既卒者」とは、学校卒業後すぐに調査対象事業所に就職する者以外で、35歳未満の者をいう。勤務経験の有無は問わない。
 
詳しくはこちら

|

« 「人事異動の法律ルールと実務Q&A・第8回~適法な配転命令を拒否した者の懲戒解雇を無効とした判決も~」「裁判例から学ぶ予防法務〈第12回〉 八重椿本舗事件(東京地裁 平成25年12月25日判決)」~労働基準広報2015年9月21日号の内容~ | トップページ | 第103回職業安定分科会雇用保険部会と第91回職業能力開発分科会が開催される【労働政策審議会 9月8日】 »

調査」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働経済動向調査(平成27年8月)の結果【厚生労働省】 労働者過不足判断D.I.は、正社員等労働者、パートタイム労働者とも引き続き不足超過:

« 「人事異動の法律ルールと実務Q&A・第8回~適法な配転命令を拒否した者の懲戒解雇を無効とした判決も~」「裁判例から学ぶ予防法務〈第12回〉 八重椿本舗事件(東京地裁 平成25年12月25日判決)」~労働基準広報2015年9月21日号の内容~ | トップページ | 第103回職業安定分科会雇用保険部会と第91回職業能力開発分科会が開催される【労働政策審議会 9月8日】 »