« 平成26年度「過労死等の労災補償状況」 精神障害の労災請求件数、支給決定件数、ともに過去最多【厚生労働省】今回からタイトルを「過労死等の労災補償状況」とし女性の件数を発表。女性の件数は男性の3分の1~10分の1ほど | トップページ | 「特集/ストレスチェック制度の詳解・後編 ~ストレスチェック結果の評価&面接指導の実施編~」「労働判例解説/フジスター事件(平成26年7月18日 東京地裁判決)」~労働基準広報2015年7月11日号の内容~ »

2015年6月26日 (金)

「平成26年度雇用均等基本調査(速報版)」が公表【厚生労働省】育児休業取得者の割合(前年度比)は、女性は86.6%、男性は2.30%にそれぞれ上昇

厚生労働省は、このほど、「平成26年度雇用均等基本調査(速報版)」の結果を取りまとめ公表した。
 
「雇用均等基本調査」は、男女の雇用均等問題に関わる雇用管理の実態把握を目的として、毎年実施されているもの。
 
今回公表された速報版では、育児休業取得者割合に関する調査項目について取りまとめている。
 
なお、その他の項目を加えた確報版は、7月末ごろに発表される予定。
 
【育児休業取得者の割合】
 
女性 : 86.6% (対前年度比 3.6 ポイント上昇)
 
男性 : 2.30% (対前年度比 0.27 ポイント上昇)
 
[調査の概要]
■調査の時期
平成26年10月1日現在の状況について、平成26年11月7日から11月28日までの間に実施。
■調査対象数
5,855事業所(有効回答数:4,045事業所、有効回答率:69.1%)
■調査方法
厚生労働省雇用均等・児童家庭局から調査対象企業・事業所に対して、郵送により調査票を配布・回収する方法

|

« 平成26年度「過労死等の労災補償状況」 精神障害の労災請求件数、支給決定件数、ともに過去最多【厚生労働省】今回からタイトルを「過労死等の労災補償状況」とし女性の件数を発表。女性の件数は男性の3分の1~10分の1ほど | トップページ | 「特集/ストレスチェック制度の詳解・後編 ~ストレスチェック結果の評価&面接指導の実施編~」「労働判例解説/フジスター事件(平成26年7月18日 東京地裁判決)」~労働基準広報2015年7月11日号の内容~ »

速報」カテゴリの記事

調査」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「平成26年度雇用均等基本調査(速報版)」が公表【厚生労働省】育児休業取得者の割合(前年度比)は、女性は86.6%、男性は2.30%にそれぞれ上昇:

« 平成26年度「過労死等の労災補償状況」 精神障害の労災請求件数、支給決定件数、ともに過去最多【厚生労働省】今回からタイトルを「過労死等の労災補償状況」とし女性の件数を発表。女性の件数は男性の3分の1~10分の1ほど | トップページ | 「特集/ストレスチェック制度の詳解・後編 ~ストレスチェック結果の評価&面接指導の実施編~」「労働判例解説/フジスター事件(平成26年7月18日 東京地裁判決)」~労働基準広報2015年7月11日号の内容~ »