« これまでの議論の整理行われる 【第198回 労働力需給制度部会】 | トップページ | 「若者応援企業」宣言事業 【厚生労働省】 »

2013年11月15日 (金)

平成25年「賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果【厚生労働省】

~大学卒(男女計)の初任給は、前年比0.8%減の19万8000円~
 
厚生労働省は、このほど、平成25年「賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果を取りまとめ公表した。
 
「賃金構造基本統計調査」は、全国の主要産業に雇用される労働者の賃金の実態を、雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数および経験年数別などに、明らかにすることを目的として、毎年7月に実施しています。
 
そのうち今回は、新規学卒者の平成25年初任給(6月分)についての集計結果で、対象は10人以上の常用労働者を雇用する民間の事業所のうち、新規学卒者を採用した1万4321事業所です。
 
【調査結果のポイント】
 
1 学歴別にみた初任給
 
大学卒、高校卒の初任給は男女とも前年を下回る。
 
大学卒 高校卒
男女計19万8000 円(前年比0.8%減) 男女計15万6000円(同1.2%減)
男性20万200円(同0.8%減) 男性15万8800 円(同0.8%減)
女性19万5100円(同0.7%減) 女性 15万1300 円(同1.5%減)
 
2 企業規模別にみた初任給
  
大企業(常用労働者1000人以上)では、大学卒の女性および高校卒の男性で前年を上回り、中企業(同100~999人)、小企業(同10~99人)では、大学卒および高校卒の男女で前年を下回る。
  
大企業 中企業 小企業
 
大学卒 男性20万3600円(前年比0.2%減) 19万9100 円(同0.5%減) 19万4600 円(同2.8%減)
女性20万900 円(同0.7%増) 19万4300円(同0.4%減) 18万5100円(同3.8%減)
高校卒 男性 16万900円(同0.7%増) 15万7800 円(同1.4%減) 15万8100 円(同1.4%減)
女性 15万7400 円( 同 0.1%減) 15万1100 円(同 1.9%減) 14万8100 円(同 1.9%減)
 
3 産業別にみた初任給
 
初任給が高かった主な産業は、大学卒では、男女ともに「情報通信業」(男性21万2200円/女性21万800円)、「学術研究,専門・技術サービス業」(男性20万8000円/女性20万5200円)。高校卒では、男女ともに「生活関連サービス業,娯楽業」(男性17万8500 円/女性16万1000円)、「情報通信業」(男性16万5200円/女性15万7300円)。
 
4 初任給の分布
 
大学卒の初任給は、男女とも20万円台(20万0000~20万9900 円)が最も多く(男性36.9%/女性24.2%)、高校卒の場合は、男性では16万円台(34.3%)、女性では14万円台(24.3%)が最も多い。

|

« これまでの議論の整理行われる 【第198回 労働力需給制度部会】 | トップページ | 「若者応援企業」宣言事業 【厚生労働省】 »

賃金」カテゴリの記事

調査」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年「賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果【厚生労働省】:

« これまでの議論の整理行われる 【第198回 労働力需給制度部会】 | トップページ | 「若者応援企業」宣言事業 【厚生労働省】 »