« 若者の「使い捨て」が疑われる企業等に関する無料電話相談の実施結果(速報)&『先見労務管理』が当日の東京労働局を取材! | トップページ | 平成26年度 厚生労働省 主な税制改正要望 »

2013年9月 3日 (火)

首都圏4労働局が合同で 「Safe Work」 をキャッチフレーズとした取組を展開します!

~ 第12次労働災害防止計画に基づく取組の「官民一体」となった推進に向けて ~

埼玉労働局(代田雅彦局長)、千葉労働局(山本靖彦局長)、東京労働局(伊岐典子局長)、神奈川労働局(久保村日出男局長)では、平成25年度を初年度とする「第12次労働災害防止計画(5カ年計画)」に基づく取組を強力に推進し、近年、増加傾向にある労働災害に歯止めをかけるべく、4労働局が連携し、「Safe Work」をキャッチフレーズとするロゴマークを定めました。

4労働局では、10月1日からスタートする全国労働衛生週間に向けた準備期間(9月)中の各種取組をはじめ、当面予定している別紙の取組を通じ、ロゴマークを用いた労働災害防止気運の向上を図ることとしています。
4労働局が当面予定している主な取組のスケジュールについては、次の通り。

201383013208__2

2013830132136__1

2013830132136__2


|

« 若者の「使い捨て」が疑われる企業等に関する無料電話相談の実施結果(速報)&『先見労務管理』が当日の東京労働局を取材! | トップページ | 平成26年度 厚生労働省 主な税制改正要望 »

労働災害」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏4労働局が合同で 「Safe Work」 をキャッチフレーズとした取組を展開します!:

« 若者の「使い捨て」が疑われる企業等に関する無料電話相談の実施結果(速報)&『先見労務管理』が当日の東京労働局を取材! | トップページ | 平成26年度 厚生労働省 主な税制改正要望 »