« 要求額は30兆5620億円と過去最大規模に~厚生労働省 平成26年度予算概算要求の内容①~ | トップページ | 明日は「第192回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会」 »

2013年8月29日 (木)

連合「なんでも労働相談ダイヤル」 2013年7月 相談集計報告【連合】

日本労働組合総連合会は、このほど、連合「なんでも労働相談ダイヤル」に寄せられた相談のうち、2013年7月分の相談集計報告を行った。

全体の特徴は以下の通り。

○全体の特徴

■相談者のうち男性が6割弱、年代別では40代が最も多く全体の1/3を占める。前年に比べ、正社員からの相談件数・割合は減り、派遣社員を除いた非正規労働者の割合は、わずかではあるが上昇している。

■最も多い相談内容は、「解雇・退職強要・契約打切」で13.1%。次いで「セクハラ・嫌がらせ」12.0%、「就業規則・雇用契約」7.8%となっている。業種別では「製造業」「サービス業」からの相談が多い。

■前年と比較すると全体的に件数・割合に大きな変化はないが、相談内容では特に「セクハラ・嫌がらせ」が増加している。「上司が常にイライラしており何事も暴言的に指示される」「『採用して失敗した。社会人として終わってる』と言われる」「Facebookいいね!の強要」等、小規模の職場での人間関係の問題が散見される。

201307__1

201307__2

|

« 要求額は30兆5620億円と過去最大規模に~厚生労働省 平成26年度予算概算要求の内容①~ | トップページ | 明日は「第192回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会」 »

調査」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連合「なんでも労働相談ダイヤル」 2013年7月 相談集計報告【連合】:

« 要求額は30兆5620億円と過去最大規模に~厚生労働省 平成26年度予算概算要求の内容①~ | トップページ | 明日は「第192回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会」 »