« 報告書素案が示される 【第15回 今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会】 | トップページ | 公益委員見解の最低賃金引上げ額目安示され答申に 【第39回中央最低賃金審議会】 »

2013年8月 7日 (水)

レジャー白書2013 ~やめる理由 はじめる理由―余暇活性化への道筋~【生産性本部】

「国内観光旅行」2年連続首位

公益財団法人日本生産性本部(松川昌義 理事長)余暇創研は、『レジャー白書 2013~やめる理由 はじめる理由―余暇活性化への道筋~』をとりまとめた。同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的にとりまとめている唯一のもので、1977年の創刊以来通算 37 号目になる。

日本人の余暇活動の現状 ~「国内観光旅行」「遊園地」が好調~

「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」(5,670万人)が、東京スカイツリーの開業などもあり、前年に比べて90万人増加し、2年連続で参加人口の1位となった。東京ディズニーリゾートなど各地のテーマパークが人気で、「遊園地」の参加人口は前年の2,100万人から110万人増えて2,210万人となった。今回初めて調査した「SNS、ツイッターなどのデジタルコミュニケーション」の参加人口は2,510万人にのぼった。
 
余暇関連産業・余暇関連産業・・・市場の動向 ~市場規模は前年比0.3...%減~

2012年の余暇市場は64兆7,272億円(前年比0.3%減)となり、ほぼ横ばいで推移した。
【スポーツ部門】ランニング、登山、キャンプ用品で買い替え・買い増し需要が伸びた。
【趣味・創作部門】テレビ・ビデオは激減しているが、カメラ、CD、映画が堅調。
【娯楽部門】パチンコ・公営競技が前年より伸びたが、一昨年の水準には届かず。
【観光・行楽部門】1991年以来の4%台の大きな伸び。遊園地、乗用車、旅行が貢献。

特別レポート ~やめる理由 はじめる理由―余暇活性化への道筋~
●1人当たり参加種目数の推移をみると、過去10年間で参加種目数が減少し、余暇活動の主役となる年代層が10代から60代以上に変化していることがわかった。
●余暇活動をやめた理由としては「年齢や健康、体力にあわない」「費用が負担できない」などが多く、余暇活動を開始・再開した理由としては若年層で「テレビ、ネット、新聞などで見て」「周囲の人がやっているから」が多くなっている。

Attached__2

Attached__3

Attached__4

Attached__5



|

« 報告書素案が示される 【第15回 今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会】 | トップページ | 公益委員見解の最低賃金引上げ額目安示され答申に 【第39回中央最低賃金審議会】 »

調査」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レジャー白書2013 ~やめる理由 はじめる理由―余暇活性化への道筋~【生産性本部】:

« 報告書素案が示される 【第15回 今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会】 | トップページ | 公益委員見解の最低賃金引上げ額目安示され答申に 【第39回中央最低賃金審議会】 »