« 最新版  労働者派遣事業関係業務取扱要領 【厚生労働省】 | トップページ | 仕事をするうえで大切だと思うものは、日本を除くすべての国で「高い賃金・充実した福利厚生」が最多【リクルートホールディングス】 »

2013年4月 7日 (日)

平成24年の燃費の良い乗用車ベスト10 【国土交通省】

 JC08モードの上位10車種を発表

 小型・普通乗用車では上位をハイブリット車が占めるも

 4位に「三菱 ミラージュ」がランクイン



 先月12日、国土交通省は、「平成24年の燃費の良い乗用車ベスト10」を公表しました。

 当ブログの通勤手当と低燃費の自動車に関係するページは、よく閲覧していただいているようなので、少々遅くなってしまいしたが、掲載させていただきます。




Eco





【国土交通省 報道発表資料より】


国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高めるとともに、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10を公表するとともに、「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要領(平成16年国土交通省告示第61号)」に基づき、自動車の燃費性能を評価して「自動車燃費一覧」として公表しています。


1.燃費の良い乗用車ベスト10について


平成24年の燃費の良い乗用車ベスト10を表1及び表2に示します。


平成24年末時点で販売されている自動車のうち、最も燃費JC08モード燃費値)の良い乗用車は、小型・普通自動車ではアクア(トヨタ自動車株式会社)、軽自動車ではアルト(スズキ株式会社)及びキャロル(マツダ株式会社)でした。


また、平成27年度燃費基準達成・向上達成レベルの最も高い乗用車は、小型・普通自動車ではプリウス(トヨタ自動車株式会社)及びCT200h(トヨタ自動車株式会社)、軽自動車ではアルト(スズキ株式会社)、キャロル(マツダ株式会社)、ムーブ(ダイハツ工業株式会社)及びステラ(富士重工業株式会社)でした。


 一般に、自動車は車両重量が重いほど燃料を多く使うため、燃費基準値は車両重量に応じて設定されており、「平成27年度燃費基準達成・向上達成レベル」により、燃費基準の超過達成状況(燃費性能の向上度合い)を異なる車両重量間で比較することができます。(燃費基準値は下記2.の自動車燃費一覧に掲載しています。)



2.自動車燃費一覧について


型式認証を受けた自動車であって、平成24年末時点で新車として販売されているものの燃費性能等について、各メーカー別・車種別に取りまとめ、以下のURLに掲載しました。


http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr10_000010.html

表1 燃費の良い乗用車ベスト10
【普通・小型自動車 ベスト10】
1  トヨタ アクア(※1) 35.4  JC08モード燃費値(km/L) 以下同じ
2  トヨタ プリウス(※1) 32.6
3  レクサス CT200h(※1) 30.4
4  ホンダ インサイト(※1) 27.2
〃 三菱 ミラージュ27.2
6  ホンダ フィット(※1) 26.4
7  トヨタ プリウス α(※1) 26.2
8  ホンダ フィット シャトル(※1) 26.0
9  ニッサン ノート25.2
10  マツダ デミオ25.0
【軽自動車 ベスト10】
1  スズキ アルト30.2 JC08モード燃費値(km/L) 以下同じ
〃 マツダキャロル(※2) 30.2
3  ダイハツミラ イース30.0
〃 スバルプレオ プラス(※3)
〃 トヨタピクシス エポック(※3)
6  ダイハツムーヴ29.0
〃 スバルステラ(※3) 29.0
8  スズキワゴンR 28.8
〃 マツダフレア(※2) 28.8
10  スズキMRワゴン27.2
〃 ニッサンモコ(※2) 27.2

※1印のついている自動車は、ハイブリッド自動車です。
※2印の付いている通称名については、スズキ株式会社が製造事業者です。
※3印の付いている通称名については、ダイハツ工業株式会社が製造事業者です。

Nenpi1_2

表2 平成27年度燃費基準達成・向上達成レベル ベスト10 

Nenpi2

|

« 最新版  労働者派遣事業関係業務取扱要領 【厚生労働省】 | トップページ | 仕事をするうえで大切だと思うものは、日本を除くすべての国で「高い賃金・充実した福利厚生」が最多【リクルートホールディングス】 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年の燃費の良い乗用車ベスト10 【国土交通省】:

« 最新版  労働者派遣事業関係業務取扱要領 【厚生労働省】 | トップページ | 仕事をするうえで大切だと思うものは、日本を除くすべての国で「高い賃金・充実した福利厚生」が最多【リクルートホールディングス】 »