« 仕事をするうえで大切だと思うものは、日本を除くすべての国で「高い賃金・充実した福利厚生」が最多【リクルートホールディングス】 | トップページ | 「第1回たばこの健康影響評価専門委員会」が11日に開催 【厚生労働省】 »

2013年4月 9日 (火)

平成24年のハイブリッド自動車を除く普通・小型自動車区分別ベスト10 【国土交通省】

Ecocar

 先日掲載した平成24年の燃費の良い乗用車ベスト10 【国土交通省】」


<参考1>として発表されました
「ハイブリッド自動車を除く普通・小型自動車区分別ベスト10」


を紹介します。


Nenpi3

【燃費値 ベスト10】には、おなじみの自動車が名を連ねています。

JC08モードで25km/L を超えている

 三菱ミラージュ

  ニッサンノート

 マツダデミオ

――であれば、実際の燃費も15km/Lを超えてくるかもしれません。

コンパクトですし、通勤向きかもしれませんね。

海外メーカーでは唯一ランクインした

位の「フォルクスワーゲンup! (ASG)」も注目です。

 

【平成27年度燃費基準達成・向上達成レベル ベスト10】では、

 なんと、ドイツのBMW社の車種がランクイン!
 ディーゼル車が多いのですが、(しかも8ATです!どんな構造しているのでしょうか!?)
 高級車&海外自動車メーカーに縁がないので、編集部では誰一人として、どんな車かお伝えすることができません
(BMW 535i グランツーリスモ などは名前だけで凄そうです

 位にランクインした新型「マツダ アテンザ ディーゼル 6MT」

 これは嬉しいですね! 結構大きくて、お値段も…なので、通勤向きではないかもしれませんが、心惹かれるマシンです。6MTですし!
 試乗できるお店を探してみたいところです。
<参考2>ガソリン乗用車の平均燃費値の推移
Nenpi4

|

« 仕事をするうえで大切だと思うものは、日本を除くすべての国で「高い賃金・充実した福利厚生」が最多【リクルートホールディングス】 | トップページ | 「第1回たばこの健康影響評価専門委員会」が11日に開催 【厚生労働省】 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年のハイブリッド自動車を除く普通・小型自動車区分別ベスト10 【国土交通省】:

« 仕事をするうえで大切だと思うものは、日本を除くすべての国で「高い賃金・充実した福利厚生」が最多【リクルートホールディングス】 | トップページ | 「第1回たばこの健康影響評価専門委員会」が11日に開催 【厚生労働省】 »