« 【オススメ】新刊書籍 「キャリア・チェンジ!」(諏訪康雄 編著 生産性出版) | トップページ | 「医療分野の『雇用の質』向上に向けて」シンポジウムを3月24日に開催 【主催・労働科学研究所】 »

2013年3月 8日 (金)

円形交差点(ラウンドアバウト)では「心もまるく!」

 

 信号機がない円形交差点 「逆走厳禁!」

 

 円形交差点(ラウンドアバウト)の社会実験がスタートしています。長野県飯田市の東和町交差点では、今年2月5日から、従来設置されていた信号機を撤去したうえでのラウンドアバウトの運用が開始されたことがニュースになりました。

欧米で一般的となっているというラウンドアバウトですが、その走行方法等はかなり特徴的とのことです。

 

 左折オンリー、進入時は一時停止を

 円内の走行車優先、ウインカーは2度必要

 

About1

実は、昨年11月には、飯田市より先に同じ長野県の北佐久郡軽井沢町、旧軽井沢地区の「六本辻交差点」で、ラウンドアバウトの運用がスタートしていました。

 

 

 

そこで、先日、現地を自動車で走行してみました(上の写真。自転車用レーンも設けられています!)

注意点は、

 左折だけで右折はできない、

 

 進入時は一時停止をしなければならない、

 

 円内の走行車を優先する、

 スピードを出さない、

 

 ウインカーは進入時と退出時に2度必要、

―――などでしょうか。

 もちろん「譲り合い」「心のゆとり」、「交通マナー」は大切です!

 交差点が円いのですから、「心もまるく」するのが良いかと思います。

(下の写真は、ラウンドアバウトの中心から撮影したもの。当日は、雪が積もっていた&工事を行っていたため、わかりにくくなっています…)

 

About2

場所にもよるのでしょうが、信号機があるときよりも、スムーズに通行できそうでした。六本辻交差点は、全国的にも珍しい六差路の交差点とのことで、ラウンドアバウトが、とてもマッチすることが感じられました(定性的な情報ですみません)。

About3

 交通量が比較的少ない場所に適しているとのことですが、全国各地に五差路の交差点は、けっこうあるようなので、今後、五差路を中心にラウンドアバウトの設置と運用が広まって欲しいところです(「ある日突然通勤経路にラウンドアバウトが!」なんてことはあまりないかと思いますが、そのようなときには、特徴的な走行方法などに注意していただければ、と思います)。

|

« 【オススメ】新刊書籍 「キャリア・チェンジ!」(諏訪康雄 編著 生産性出版) | トップページ | 「医療分野の『雇用の質』向上に向けて」シンポジウムを3月24日に開催 【主催・労働科学研究所】 »

ヒトコマ」カテゴリの記事

オススメ」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円形交差点(ラウンドアバウト)では「心もまるく!」:

« 【オススメ】新刊書籍 「キャリア・チェンジ!」(諏訪康雄 編著 生産性出版) | トップページ | 「医療分野の『雇用の質』向上に向けて」シンポジウムを3月24日に開催 【主催・労働科学研究所】 »