« 第1回 「生涯現役社会の実現に向けた就労のあり方に関する検討会」開催される!【厚生労働省】 | トップページ | 福島原発事故に関する健康リスクアセスメントの報告書(英文)を発表 【WHO】 »

2013年3月 1日 (金)

眼鏡店「JINS(ジンズ)」が正社員の年収を約6%アップ~日本経済成長を牽引する健全な消費サイクル創出を目指して~

眼鏡店「JINS(ジンズ)」を運営する「株式会社ジェイアイエヌ」が昨日(28日)、2013年度より、特別賞与の支給により、役員と役員待遇を除く正社員の年収を約6%アップさせると発表した。

同社では、「安倍政権の掲げる経済再生策の政権の掲げる経済再生策一つである賃金アップの要請に賛同するものであります。20代~40代の若手・中堅社員の収入を増加させる事により、回復の兆しを見せつつある日本経済の消費活性化を後押し、持続的な経済成長に向けた健全な消費サイクル創出の一助に繋げたいと考えております」としている。

【株式会社ジェイアイエヌの賃金アップ策】同社ニュースリリースより)

【支給時期】
2013年2月28日 支給
※通常の年2回の業績賞与(4月、10月)とは別スケジュールでの支給

【支給対象】
執行役員以上を除くアイウエア事業部全従業員(準社員、パートスタッフ含む)

【支給内容】
正社員の平均年収の約6%相当を基準とする

安倍政権ではデフレ脱却に向けて企業に対して賃上げを要請をしているが、コンビニ大手の「ローソン」や、作業服・作業用品専門店の「ワークマン」も社員の個人所得を約3%アップさせると発表している。

32

|

« 第1回 「生涯現役社会の実現に向けた就労のあり方に関する検討会」開催される!【厚生労働省】 | トップページ | 福島原発事故に関する健康リスクアセスメントの報告書(英文)を発表 【WHO】 »

オススメ」カテゴリの記事

賃金」カテゴリの記事

速報」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼鏡店「JINS(ジンズ)」が正社員の年収を約6%アップ~日本経済成長を牽引する健全な消費サイクル創出を目指して~:

« 第1回 「生涯現役社会の実現に向けた就労のあり方に関する検討会」開催される!【厚生労働省】 | トップページ | 福島原発事故に関する健康リスクアセスメントの報告書(英文)を発表 【WHO】 »