« 2級学科の合格率は1級学科を下回る14.04% 【FP技能検定試験】 | トップページ | 一般事業主行動計画の作成をきっかけに、育児休業制度など新設・拡充、300人以上規模の企業で約4割【JILPT】 »

2013年3月13日 (水)

「平成 23年国民健康・栄養調査報告」を公表 【厚生労働省】

 厚生労働省は、このほど、「平成 23年国民健康・栄養調査報告」を公表しました。

報告書によると、厚生労働省では毎年、健康増進法に基づき、国民の健康増進の総合的な推進を図るための基礎資料とするため、「国民健康・栄養調査」を実施し、今回の報告書は、平成 23 年 11月に実施した調査結果を取りまとめたものとのことです。
調査内容は、毎年調査する項目として、身体状況、栄養摂取状況、食生活、身体活動・運動、休養(睡眠)、飲酒、喫煙、歯の健康等に関して把握するとともに、平成 23 年調査では、健康日本 21(第二次)に先駆けて、健康と社会経済的要因の関係を把握するために、近年摂取量が減少している生鮮食品の入手状況に着目しています。
その結果、生鮮食品(野菜、果物、魚、肉等)の入手を控えたり、入手できなかった理由は、「価格が高い」が最も多いことなどが明らかになったとのことです。
また、災害時の食料の備蓄、喫煙の状況などについても調査が行われています。

Ice_2

詳細(報告書全文)につきましては、こちらをご覧ください

|

« 2級学科の合格率は1級学科を下回る14.04% 【FP技能検定試験】 | トップページ | 一般事業主行動計画の作成をきっかけに、育児休業制度など新設・拡充、300人以上規模の企業で約4割【JILPT】 »

医療・健康」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「平成 23年国民健康・栄養調査報告」を公表 【厚生労働省】:

« 2級学科の合格率は1級学科を下回る14.04% 【FP技能検定試験】 | トップページ | 一般事業主行動計画の作成をきっかけに、育児休業制度など新設・拡充、300人以上規模の企業で約4割【JILPT】 »