« 広がる公契約条例 東京都渋谷区では今年1月1日から施行 | トップページ | 厚生労働副大臣 秋葉賢也(あきば・けんや)氏のプロフィールが掲載に【厚生労働省HP】 »

2013年1月 9日 (水)

労働基準広報2013年1月21日号の予告

労働調査会発行 労働基準広報2013年1月21日号の予告です

●新春対談/どうなる今年の労働基準行政
改正労働契約法の着実な施行で有期労働者の雇用不安を解消へ
~中野雅之  厚生労働省労働基準局長*労働評論家 ・飯田康夫氏~

19

厚生労働省労働基準局長の中野雅之氏と、本誌「労働スクランブル」の執筆者で労働評論家の飯田康夫氏が、平成25年度の労働基準行政について新春対談を行った。中野氏は、今年の労働基準行政の重点課題として、第一に、4月に施行される改正労働契約法の円滑・着実な施行をあげた。さらに、重点課題として、第12次労働災害防止計画に沿った労働災害防止への取り組みや、東日本大震災後、東電福島第一原発や除染作業の現場で働く労働者の健康管理に万全の対応をすることなどをあげた。

●先生、面接お願いします! ~産業医が伝えたい本音の話~
原因の根本にアプローチ
第10回 繰り返す糖尿病の悪化
(労働衛生コンサルタント事務所プライム代表 医師・木田哲二)

●解釈例規物語43
第37条関係〔労働時間が2日にまたがる場合の割増賃金-その2-〕
労働時間が2日にまたがる場合の割増賃金はどのように支払うべきか(2)
( 中川恒彦)

●知っておくべき職場のルール<第10回>「最低賃金」
雇用形態などに関わらず最低賃金額以上の賃金支払義務が
(編集部)

●2013年 厚生労働行政の抱負
厚生労働事務次官    金子順一
職業安定局長       岡崎淳一
職業能力開発局長    山田亮
雇用均等・児童家庭局長 石井淳子
年金局長          香取照幸

●NEWS
(厚労省・現物給与の価額の適用を25年度から変更)実際に勤務する都道府県の価額で算定/
(23年度・労災保険事業の概況)新規受給者数は前年度比6.9%増の61万5000人/
(厚労省・国として初めて実態調査)4人に1人が職場でのパワハラ受けた経験が/ほか

●連載 労働スクランブル第134回(労働評論家・飯田康夫)
●労務資料 平成24年就労条件総合調査結果③~定年制等、賃金制度~
●わたしの監督雑感 石川・穴水労働基準監督署長 南出昌宏
●今月の資料室

●労務相談室
社会保険
〔転籍してすぐに70歳迎える〕厚生年金保険料どうなる
回答者 特定社労士・大槻智之

労災保険法
〔他人の帽子拾うため車道に出て自転車と接触〕赤信号だが通災か
回答者 弁護士・山口毅

賃金関係
〔始業時刻1時間前の出勤者〕一律1回2000円支払うが
回答者 弁護士・鈴木一嗣

見本誌の送付、ご購読の申込み等はこちらから
http://rouki.chosakai.ne.jp/

|

« 広がる公契約条例 東京都渋谷区では今年1月1日から施行 | トップページ | 厚生労働副大臣 秋葉賢也(あきば・けんや)氏のプロフィールが掲載に【厚生労働省HP】 »

掲載号予告」カテゴリの記事

労働者派遣法」カテゴリの記事

労働基準法」カテゴリの記事

労働契約法」カテゴリの記事

労災保険法」カテゴリの記事

労働安全衛生法」カテゴリの記事

社会保険」カテゴリの記事

能力開発」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働基準広報2013年1月21日号の予告:

« 広がる公契約条例 東京都渋谷区では今年1月1日から施行 | トップページ | 厚生労働副大臣 秋葉賢也(あきば・けんや)氏のプロフィールが掲載に【厚生労働省HP】 »