« 改正労働者派遣法の注意点④ 【離職後1年以内の労働者派遣の禁止】 | トップページ | 第1回「健康保険と労災保険の適用関係の整理プロジェクトチーム」開催される! »

2012年9月28日 (金)

労働基準広報2012年10月11日号の予告

労働調査会発行 労働基準広報2012年10月11日号の予告です

●特集/障害者雇用率等の改正について
民間企業の障害者雇用率が平成25年4月1日から2.0%に
(厚生労働省職業安定局高齢・障害者雇用対策部障害者雇用対策課)

「障害者雇用促進法」では、事業主に対して障害者雇用率に相当する人数の身体障害者又は知的障害者の雇用を義務づけている(障害者雇用率制度)。この障害者雇用率が、平成25年4月1日から、①「民間企業」2.0%、②「国、地方公共団体等」2.3%、③「都道府県等の教育委員会」2.2%-に引き上げられることになった。

●取材シリーズ/人事大事の時代<事例編>④
~タマノイ酢株式会社~
最長5年の期間限定で若者を雇用し社会人・職業人としてのキャリア形成を支援

●企業の安全配慮義務/過労死・過労自殺 そのときどうする?
第20回 過労死・過労自殺への対応⑤
業務過重あれば安全配慮義務違反等の立証の点で原告有利
(弁護士・井澤慎次)

●知っておくべき職場のルール<第4回>「労働時間」
実作業を伴わない時間でも指揮命令下にあれば労働時間に
(編集部)

●労使のためのファイナンス
第10回 中小企業の金融円滑と経営承継
知らないと損!中小企業にまつわる法律
(ファイナンシャルプランナー・浮地辰雄)

●NEWS 
(改正高年法が法案を一部修正のうえ成立)希望者全員65歳雇用確保が義務化される/
(23年・労働争議統計調査結果)争議行為を伴う争議は過去最少を更新し57件に/
(23年度・パート労働者実態調査結果)有期パートの9割が契約更新し平均回数は8.8回/ほか

●連載 労働スクランブル第125回(労働評論家・飯田康夫)
●商道縁尋 流通革命を遂げた志士たち(人物ライター・長岡孝明)
●第44回(平成24年度)社会保険労務士試験①~労働基準法及び労働安全衛生法~
●わたしの監督雑感 長崎・諫早労働基準監督署長 池田康廣
●労務相談室だより

●労務相談室
労災保険法
〔法人の代表者の業務上災害〕労災保険適用されるか
回答者 特定社労士・大槻智之

不利益変更
〔休業手当を不要とする臨時休日〕労使で合意すれば可能か
回答者 弁護士・荻谷聡史

安全配慮
〔熱中症にならないよう車営業を希望〕危険なので拒否したい
回答者 弁護士・山口毅

見本誌の送付、ご購読の申込み等はこちらから
http://rouki.chosakai.ne.jp/

928

|

« 改正労働者派遣法の注意点④ 【離職後1年以内の労働者派遣の禁止】 | トップページ | 第1回「健康保険と労災保険の適用関係の整理プロジェクトチーム」開催される! »

掲載号予告」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働基準広報2012年10月11日号の予告:

« 改正労働者派遣法の注意点④ 【離職後1年以内の労働者派遣の禁止】 | トップページ | 第1回「健康保険と労災保険の適用関係の整理プロジェクトチーム」開催される! »